安易に借りると、返済は考えている以上に困難です。

 私自身若かりし頃に金融屋さんを利用した経験があります。キャッシングを利用した動機は、遊行費確保のためでした。当時は勤続年数も数年でしたが、無人契約機の登場で少額なら割と簡単に利用できました。借りた月は手持ちが増えるので、あまり気に留めていなかったのですが、返済が始まる時に、自分が考えている以上に生活に影響が出ることを、初めてリアルに感じました。

 借りるときのお金はあまり多いとは感じませんが、返済する時の金額はかなり痛手に感じます。そして意外に返済期間が長くなることもあるということをしりません。私の経験したのは、当時流行していた「リヴォ払い」という返済方式でした。一定額を返済していく方式ですが、返済期限・限度額以内なら返済途中でもキャッシングが利用可能でした。返済中に急な入り用があった時にはかなり便利ですが、返済期間が伸びやすいという面も忘れてはいけません。ローンと違い、元本を減らしていくだけという返済方法ではなかったので、自分が考えている以上に苦労しました。

このページの先頭へ